本文へスキップ

金融機関コード:2013

でんさいネット(電子記録債権)

でんさいネット(電子記録債権)について

● でんさいネットとは
 電子記録債権は、手形・指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です(手形・指名債権を電子化したものではありません)。全国銀行協会が設立した電子債権記録機関で、「株式会社全銀電子債権ネットワーク」といい、信用組合の他多くの金融機関が参加しています。 
 電子債権記録機関が作成する記録原簿に電子的な記録を行うことにより、債権の権利内容が定められます。
● でんさいネットの特徴
1.手形的利用
 ・中小企業の資金調達の円滑化に資するもっとも汎用的な利用方法として、現行の手形と同様の利用方法を採用。
 ・手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備。
2.全銀行参加型
 ・金融機関の信頼・安心のネットワークのもとで、社会インフラとして構築される必要性を強く認識し
  全金融機関参加型を採用。
 ・既存の銀行間の決済システムを利用し、確実に資金回収ができる仕組みの提供が可能。
3.間接アクセス方式
 ・金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している金融機関をその
  まま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能。
 ・金融機関の創意工夫によって、それぞれの利用者ニーズにあったサービスを提供できる仕組み。
● 支払企業(債権者)のメリット
 ・手形の発行、振込の準備など支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。手形の搬送コストも削減されます。
 ・手形と異なり印紙税が課税されません。
 ・手形、振込み、一括決済など、複数の支払手段を一本化する事も可能となり効率化が図れます。
● 支払企業(債権者)のメリット
 ・ペーパーレスとなり紛失や盗難の心配がなくなります。厳重に保管管理する必要がなくなります。
  無駄な管理コストを削減することが出来ます。
 ・必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることが出来ます。
 ・支払期日になると取引銀行の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続きは不要です。
 ・でんさいは流通性の高い債権です。これまで資金繰りのために利用できなかった債権も譲渡や割引
  などが可能になり、無駄なく有効に活用することができます。
● もっとでんさいネットを詳しく知りたい方は
 でんさい(電子記録債権)の特徴や仕組みを分かりやすく解説した動画を掲載(外部ページ)しております。
● 当組合ででんさいネットをご利用されたい方は
 ちゅうしんビジネスバンキングをお申込みいただき、お取引店窓口でお手続きが必要となります。





ネットでローンのお申込み 札幌中央信用組合/しんくみローンサーチ